肌荒れの原因と対策

お肌の水気が減ってかさかさになったさまを肌あれした状態といいます。殊に乾燥肌の方が冬になると悩まされる症状で、シミ・シワなどの他のトラブルのきっかけになります。女性のお肌の皮脂は男性に比較して、もともと少ないといわれていて、25歳くらいから減っていきます。
お肌に含まれている皮脂の分量が少ないと、お肌から水分が出やすくなって病原菌なども繁殖しやすくなり、お肌にしっとり感がなくなり、肌あれの要因になります。目のまわりが荒れやすいのはスキンが薄くて皮脂腺が少ないので肌あれしやすいです。ストレスがたまってくると、お肌がかさついたり、かゆくなったり、にきびができたりなどの肌あれの症状がでてきます。

ストレスによって免疫機能が落ちると、ホルモンのバランスが乱れてしまいます。それが皮膚に反映して肌あれがおこってしまうのです。また、ストレスから、眠れなくなったり、食事が乱れることでも肌あれが始まります。肌あれは、皮膚の脂肪の分泌を促進している男性ホルモンが減少するため、角層が乾燥してひび割れた状況になるので起こります。あたたかい季候はお肌の潤いを維持しやすくなります。なぜなら湿度が高く、汗をかくからです。
逆に寒い季節は肌あれが生じやすくなります。空気が乾燥して、汗をあまりかかないからです。洗顔の方法ですが、熱いお湯で洗うのは皮膚の脂肪が非常に落ちてしまうのでやめましょう。まずぬるま湯で洗い、おしまいに水で洗います。これが肌あれ対策になる洗顔のやり方です。そうすると毛孔がひきしまり、潤いが保たれ、肌あれ対策になります。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。