糖尿病の男性は、血糖値が正常な人の2〜4倍虚血性心疾患に


糖尿病の男性は、血糖値が正常な人の2〜4倍

虚血性心疾患になりやすいと、日経新聞が伝えています。

30代の糖尿病の男性では、

心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患を発症するリスクは

血糖値が正常な男性の18倍だそうです。



糖尿病の男性は、40代と50代では、

糖尿病患者の発症は血糖値が正常な人の2.5倍程度だったが、

30代では18.2倍にもなるそうで、

50代で血糖値が正常な人と同等のリスクで、

糖尿病のリスクを20歳分高めることに相当するとわかったそうです。

30代の糖尿病予備群は、正常な人の2.9倍発症しやすかったとか。


30代の糖尿病予備群は気をつけないとね。