デジタル録画の「ダビング10」開始先送りへ

デジタル録画の「ダビング10」開始先送りされたようです。

アサヒ・コムの記事によれば、デジタル放送を録画機やパソコンのハードディスクに録画するときの新ルール「ダビング10(テン)」の開始が、予定の6月2日から先送りされる見通しになったそうで、録画をコピーできない現行ルールより、使い勝手がよくなるはずだったが、著作権料をめぐる業界や団体の調整が遅れ、開始が難しくなったということです。

放送会社や録画機メーカーなどでつくるデジタル放送推進協会(Dpa)が14日、「ダビング10の運用開始日時を確定できない状況だ」と表明。6月2日が迫っているが、準備期間を考えると延期は避けられない状況です。

背景にあるのは、著作権料の一種「私的録音録画補償金」をハードディスク内蔵録画機などにも課す、文化庁の制度改正案をめぐる衝突です。補償金を実質的に負担することになるメーカー側が課金に反発。一方、著作権団体側は、制度改正が認められなければ、ダビング10の導入を認められないとの立場です。

いわゆるお金の問題。金の亡者たちが著作権を盾に好き勝手なことをしているとしか思えませんね。もっとユーザーの立場から物事をみてくれといいたいです。

同記事をつづけます。

地上・BSデジタル放送の大半の番組には現在、「コピーワンス」の制限がある。最初に録画機に録画したあとは、DVDや別のレコーダーへの移動(ムーブ)しかできません。DVDなどに書き込むと同時に録画機内の録画を強制的に消してしまう仕組みだ。デジタル放送の映像は、技術的には何回ダビングしても画質が落ちないため、著作権を守る目的で採り入れたルールです。

しかし、アナログ放送の時代より不便で、移動に失敗すると取り返しがつきません。消費者の不満が強く、DVDなどへのダビングもある程度はできる「ダビング10」の導入が決まったのですが、北京五輪では、デジタル放送の録画や関連機器の需要が高まるとみられ、Dpaは「関係者の合意が得られ次第、日時を確定したい」としているが、消費者には混乱が生じそうです。メーカー側が29日の文化審議会で補償金課金受け入れを表明するかどうかが焦点になっているとか。
(アサヒ・コムの記事から引用)

いるかいないかよるならいるか

福岡市東区の水族館、マリンワールド海の中道で、
大型連休中に営業時間を午後9時半まで延長する「夜の水族館」が催されるそうです。

アサヒ・コムの記事によれば、
夜の水族館のための内覧会が関係者らを集めたて23日夜開かれたそうです。
本番となる日は、26〜29日と5月3〜6日の計8日間です。

昼間とは違う幻想的な世界が楽しめる夜の水族館の話題です。
今年で9回目の人気イベントだそうで、
ナイター照明で披露されたイルカショーなども楽しめるようです。

80種約1万匹の魚が泳ぐパノラマ大水槽では、
日中は物陰に隠れて見ることができない生物が姿をあらわすこともあるとか。

イルカショーでは、4匹のイルカが博多湾の夜空を彩る大ジャンプを連発する予定。
夜景がとてもきれいで雰囲気がいいようですよ。
楽しみなイベントですね。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。