ボトックス注射のボツリヌス菌は大丈夫か

最近は、美容整形にボトックス注射を用いるエステやサロンが増えています。ボツリヌス菌から作られる薬品がボトックスですが、ボツリヌス菌というと、人体に有害な影響を与える菌として有名ですが、ボトックスの危険性はないのでしょうか。ボツリヌス菌といえば食中毒の原因菌としてよく知られていますが、ボツリヌス菌を製剤化したボトックスとして、筋肉の麻痺やけいれんの治療に使われるなど、現在では医療の面でも活躍している美容成分です。ですので、人体に害となるような薬品を医療や美容の面に使用することはありません。つまり、ボツリヌス菌の有害な成分はボトックスには含まれていません。ボツリヌス菌毒素から作られたボトックスですが、危険性はないといわれています。食中毒の原因となる細菌がボツリヌス菌で、菌に侵された食べ物は食中毒をひきおこす元となります。生や加熱が不完全な食べ物から引き起こるケースもあり、十分加熱した食品からは、ボツリヌス菌毒素の中毒は起こりません。ボツリヌス菌は生物兵器への研究が危惧されるほど毒素が強い菌であり、少しでも体内に取り込まれると死に至ることがあります。私たちの食事で危険視しなければならないものがボツリヌス菌ですが、ボトックス注射に使用されるボトックスは、食中毒を引き起こすボツリヌス菌とは違うものです。筋肉に働きかける特徴を活かした安全性の高い美容成分に変身しているのです。

ボトックス注射で小顔になる方法

ボトックス注射で小顔になれますという宣伝を出している美容外科やエステを目にすることがあります。美容外科やエステで使うボトックスとはいったいどのようなものでしょうか。ボトックスと小顔との関係はどのようなものでしょうか。ボトックスというのは、筋肉に信号を送る神経を遮断して、筋肉の働きを麻痺させる薬品で、元々はけいれんや顔面麻痺の治療に用いられています。A型ボツリヌス菌毒素製剤ともいいます。小顔になるのは、顔の筋肉を一定期間麻痺させることで筋肉がやせることを期待したものです。エラの張っている部分に注射をして麻痺させ、筋肉が使えない間に細くなるようにします。ボトックスは小顔対策だけでなく、顔の皺を消すこともできます。シワを作る筋肉を麻痺させるというしくみです。短時間の手術で済むことや、切開のような痕が顔に残らないこと、入浴や洗顔の制限がないなどの理由で、ボトックスは手軽に受けることができます。ただし、副作用や後遺症が全くないわけではありません。人によっては筋肉の動きがなくなったために印象が変わったり、無表情に見えることもありますので、事前のカウンセリングがとても重要になります。ボトックス注射の効果は期間が限られますので、継続して注射をしなければならないというデメリットもありますし、料金もかかります。顔のエクササイズやリンパマッサージなど、小顔になるための方法はいくつかありますので、そこから試してみるのもいいのではないでしょうか。メリットとデメリットを十分知ってから、ボトックス注射での小顔施術を受けましょう。手軽な手術でも内容は重要です。

小顔にならない理由

どんなことをしたら、小顔に見せることができるでしょうか。顔の皮膚に余分な水分や脂肪が蓄積するとむくみが始まりますが、加齢によっても顔の筋肉の衰えなどで重力に逆らえず、目元、口元、頬などがたるみ始め、顔全体が老けて見えます。小顔になりたい、小さく引き締まった顔つきでいたい、老けてみられたくないという願いは女性共通のものです。きれいで若々しく見せるためには、引き締まった体に引き締まった小顔でいられることは大切なことでしょう。特に女性は美を追求しようとしますので、美しさを求めて髪型やメイクを研究するだけでなく、整形手術に挑戦し、サプリメントを摂取し、エステに通ってみるなど、美しくなるための地道な努力をされています。また、顔立ちから暗い印象を与える原因は、むくみやたるみから顔全体がはれぼったくなっているせいかもしれません。中には、生まれつき顔が大きく、エラがはって広がって見える人も存在しています。まずは、皮膚のたるみや筋肉の衰えを改善すると、小顔になることは可能です。小顔になりたい、若々しくなりたいならば、目標に向かって楽しく努力することが重要です。規則正しい生活やバランスの取れた食生活、健康的なエクササイズに励みましょう。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。