ベータグルカンのガン治療での有益性

がん治療に有益性があると考えられているのがベータグルカンですが、ベータグルカンだけでガンが治った例はかなり少ないようです。というのは、ベータグルカンの摂取を始めるほとんどのひとが既にがん治療を病院で長く続けている患者さんたちです。免疫システムが相当に弱っていることなどが考えられます。ベータグルカンの投与をがん治療によって免疫システムが弱りきっているところにしても、正常な状態にはなかなか戻れません。ベータグルカンを飲み始める時期が遅くて、既に回復できないほど免疫システム力が弱っている人でも、ベータグルカンを飲む意味は大いにあります。ベータグルカンの有益性は、ガン細胞を積極的に減らすだけではなくて、延命効果として進行がんの腫瘍を抑制する力があります。味覚異常や、下痢・嘔吐などの副作用が、抗がん剤化学療法にはあります。ガン細胞だけを攻撃するのが抗がん剤ではないです。骨髄の血液細胞や消化管粘膜細胞を弱めてしまいます。ベータグルカンで刺激をしていれば、抗ガン剤によってリンパ球や好中球などの一部が死滅しても、残った細胞が仲間の細胞を増殖させる効果があります。ベータグルカンの有益性は、ガンの化学療法の副作用で痛めやすい部分を強化、保護してくれるというものです。ガン化学療法の副作用を抑えて、長く治療を続けることができるのが、ベータグルカンの大きな有益性だといえます。

ベータグルカンの効能

ベータグルカンの効能の中でも、癌にきく抗がん効果は最もよく知られているもののひとつです。体の状態を正常にする生体恒常効果(ホメオスタシス)が期待できるだけではないのがこのベータグルカンです。体の中に入った細菌やウイルスを消化するのがマクロファージですが、これを活性化する機能がベータグルカンにはあります。だからベータグルカンには再発防止や転移防止という効能が期待できます。その結果、がん細胞の増殖を抑えたり、消し去ったりすることができる可能性があります。ガン細胞を小さくするようにベータグルカンが直接ガンに働くわけではありませんが、体の免疫力を高めて間接的にガンを小さくする効能があることが特徴です。ベータグルカンは近年、アレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎などにも効果をあげています。がん治療だけはなく、効能の応用性の研究が進んでいるからです。免疫力が低下することにより、ガンは発生しますが、免疫反応が敏感すぎることによって起こるのが、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患なので、ベータグルカンなど、キノコから抽出される多糖類にはこのような過剰な免疫反応を抑えて正常化させます。アレルギー反応やアトピー性皮膚炎を改善する効能があるようです。体調のリズムを整える効能が、ベータグルカンを含むキノコ類にはあるといえます。さらに、成人病を予防する効能や、疫病の回復力を高める効能などもあるようです。

ベータグルカンは健康に役立つ成分

ベータグルガンは今話題の成分で健康に役立つといわれています。ベータグルガンについての研究は今もなお続けられており、アメリカや世界の大学や研究機関でベータグルガンについての発表されています。人間が本来持っている免疫力を高め、抵抗力を強くする働きがあると考えられているのが、ベータグルガンです。免疫力を高めてガンを予防したり、治療したりするという方法が注目されています。ベータグルガンのグルガンというのは、ブドウ糖が多数結合した物質の総称です。このグルガンにはアルファ型とベータ型があります。ベータグルガンと呼ばれるのは健康維持に役立つとされるベータ型で、グリコプロテインと呼ばれることもあります。ベータグルカンは結合のパターンによって更に細分化されていますが、健康維持に役立つものとされているのはベータ1.3Dグルカンというベータグルカンです。ちなみに、ベータ1.4−グルカンというのは、紙の材料になりセルロースと呼ばれているものです。ベータ1.3Dグルカンのことを指すのが、単にベータグルガンというものです。主にベータグルガンは、マイタケ、椎茸、ハナビラタケ、霊芝、アガリスクなどのキノコ類に含まれています。またパン酵母の細胞壁にも含まれるようです。昔から抗がん作用がキノコ類にはあることが経験的にいわれてきましたが、それはこのベータグルカンの存在によるものだと近年の研究でわかってきました。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。