二重まぶた埋没法のデメリットと注意すること

二重まぶた埋没法は安全で手軽にできますが、その手術には全くデメリットがないというわけではありません。なので、あらかじめ二重まぶた埋没法のデメリットを把握しておくことで、対策をたてることができ、リスクを軽減することができます。新しい二重まぶた埋没法の技術が最新の研究で生み出されているので、どういう施術方法で手術を受けることになるのかを、クリニックのカウンセリングなどでしっかり確認しておくことが大切です。二重まぶた埋没法はお手軽ですが、その分の限界もあります。基本的には、二重まぶた埋没法の場合、まぶたの奥の部分に脂肪が少なく、二重が作りやすい人に向いています。しかし、うまく二重にならないひとは、まぶたの厚い人、特に腫れぼったいまぶたの場合です。ただしクリニックによっては、それができるところと、できないところがありますので、あるクリニックで不可能と言われたからといってすぐに諦める必要はありません。二重まぶた埋没法のメリットとして、術後の腫れがあまりないということがありますけど、誰でも腫れないというわけではないようです。個人差がありますが、人によっては手術の後数日の間は、まぶたが腫れることがあるかもしれませんし、術後に軽い異物感を感じるかもしれません。それは糸を埋め込むことが原因のようです。元の状態に戻りやすいというデメリットが二重まぶた埋没法にはありますが、最近ではいろいろな工夫がなされて、戻らないようになっていますが、完全な保証ではないので注意しましょう。事前にやり直しの手術が戻ってしまった時にできるかどうかと、その際の料金はどうなるかということについてなどを、クリニックの方へしっかりと確認しておくことが重要です。

二重まぶた埋没法のメリット

少し前まで、まぶたを二重にする整形手術の主流は切開法でした。メスを使って、まぶたの一部を切開して縫い合わせるというものです。しかし、二重まぶた埋没法の手術なら術後も短い期間で回復します。また、切開はほんの1ミリ程度なので目立つ傷跡も残りませんし、短時間の手術ですので、お昼休みのわずかな時間を利用して手術を受けることもできますし、数分で終わるところもあるようです。まぶたとまぶたを開閉する筋肉を糸で繋げる技術はいろいろありますが、近ごろの埋没法では糸が皮膚の中に埋まるように施術するため、外見からでは糸はほとんど目立ちません。目の回りやまぶたの皮膚はとても薄く、特に手術をする粘膜の部分は非常にデリケートなので、そこで目への負担がかからないよう、最新の埋没法では筋肉と皮膚のわずかな部分にだけ糸を通して行います。目に傷がつかないかご心配になるかもしれませんけど、糸を通す場所は筋肉と皮膚の一部だけで、短時間のごく軽い手術なので、施術の次の日から普段と変わりなく通勤や通学ができます。術後に通院する必要もありませんし、抜糸もありません。化粧や洗顔なども、ふつうの場合でしたら翌日から通常通りにできます。この方法でしたら、まわりの人に気づかれずに、さっと手術を済ませてしまうことも可能ですので、いつのまにか二重まぶたを簡単に手に入れることができます。また、もし思うような形にならなかった場合でも、二重まぶた埋没法なら糸を取り出すだけで元に戻すことができるので安心です。少し腫れるかもしれませんが、じきに目立たなくなります。二重まぶたを作り直したい時は、いったん抜糸してから、新しい二重のラインを決めて、再び埋没法手術を受けることができます。

二重まぶた埋没法とは

一重のまぶたを二重にするには切開法が多く使われてきましたが、まぶたの脂肪を切開して取り出すという方法により、はっきりとしたラインを作ることができます。今はより腫れが少なく、元に戻しやすい二重まぶたの埋没法が最もポピュラーです。顔全体の印象は、一重まぶたが二重まぶたに変わっただけでもかなり差が出るので、まぶたのケアはとても重要です。自分になかなか自信が持てなかった人が、二重まぶたになったことで明るい性格になり異性にモテたということもあります。まぶたの基本動作は、まぶたを引き上げる筋肉の働きにより行われますが、この筋肉が一部枝分かれをして皮膚と接合していると、二重まぶたになります。二重まぶたには末広型と並行型の2種類あり、日本人は目尻にかけてラインの幅が広くなる末広型の二重まぶたが多いといわれます。世界的に多い形というのは平行型の二重まぶたで、くっきりとした、より華やかな印象を見る人に与えます。まぶたを引き上げる眼瞼挙筋と皮膚を糸でつなげて人工的に二重のラインを作る手術は、メスを使わない新しい形の美容整形法です。この方法が二重まぶた埋没法と呼ばれていますけど、はっきりとした二重まぶたを作りたい人は、糸とまぶたを止める箇所を増やして調整ができますし、この糸は医療用なので、体内に残ることはありません。二重まぶた埋没法では糸の通し方で二重まぶたのラインを微調整することも可能なので、イメージ通りの二重まぶたをカウンセリング時に希望しておけば、思った通りの二重まぶたになることができます。どのタイプの二重まぶたが似合うかは個人差や好みがありますので、自然な二重にするためにも色々検討してみましょう。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。