まつげパーマはまつげを傷ませる

最近では、まつげにかけるパーマやエクステがあります。まつげへのダメージを考えるなら、毎日ビューラーを使うよりもパーマを一度かけた方がいいともいわれます。しかし、パーマにしろビューラーにしろ、まつげへの負担はかかります。また、それだけではなく、美容師とちがって、まつげパーマの施術に特別な資格はないということをご存知でしょうか。つまり、まつげパーマの施術には特に資格などが必要なく、研修さえ受けたなら未経験者でもOKということです。美容師でしたら資格の有無でその技術を計れますが、まつげパーマではそうはいきません。だから、口コミとか実績などの情報を頼りに、信頼のできるところをさがしましょう。まつげパーマを実施しているサロンの広告には、他店で失敗したまつげも修復可能ということを売り文句にしているものもよく見かけますが、まつげパーマをしても、必ずしもキレイなまつげが手に入るというわけではないです。カールの強度が強すぎて不自然なまつげになってしまったり、パーマ剤があわなくて、まつげがチリチリに傷んでしまったりすることもあります。ですので、まつげパーマのリスクも把握しておきましょう。パーマの持ちが悪ければ再度まつげパーマをあてることになりますので、繰り返していくと、まつげへのダメージが進行します。過度のケアで取り返しのつかないまつげにしてしまうよりは、ナチュラルで健康的な美しいまつげを手にいれることをオススメします。

まつげを育毛するメリット

まつげは女性にとっては美しさを引き立てる重要な役割がありますので、育毛するだけの価値があります。大量のファンデーションをしても肌荒れとか肌のでこぼこは隠しきれません。肌の荒れやにきび、色のくすみや赤みは元から対策を立てるべきです。その場しのぎでメイクをするよりは、素肌のケアが美容にはたいせつです。美しくハリのある肌にするためには、健康で潤いのある肌が第一ですからね。まつげも土台が大事です。マスカラなどでアイメイクをするときも、まつげそのものがしっかりしたものである必要があります。自前のまつ毛を育毛剤や美容液で濃く強いものにできるならば、つけまつ毛やまつ毛エクステなどの人工物を用いて不自然な強調をするよりもずっと理想的です。すっぴんの状態でも美しくいられる方が、メイク時だけの美人よりずっといいでしょう。化粧を落とした後でも肌の調子がいいことや、眉毛を抜きすぎないことなどに注意すべきでしょうね。メイクを落とした後の印象を維持するためには、このような点に気を配ってみると良いかと思います。素顔の自分に自信が持てたなら、温泉に行ったときとか、スポーツなどで汗をかいたときとかに余計な心配をせずに楽しく過ごすことができます。これまでまつげに関心がなかったとしても、手入れを始めてみればその影響にきっと驚くはずです。意外と顔全体の印象を変えるのがまつげの存在です。素顔に自信が持てるようになれば、鏡を見るとききっと楽しくなるでしょう。

まつげの育毛は可能なのか

スキンケアやヘアケアと同様に、まつげにもケアが欠かせないということを、どれほどの人が理解しているのでしょうか。スキンケアやヘアケアを取り上げた雑誌の特集はあっても、まつげの育毛やまつげのケアが大きく取り上げられることはありません。まつげのケアや育毛は美容上かなり重要ですが、注目される機会は少ないようです。まつ毛の形や手入れの入れ具合によって、全体の雰囲気はかなりの差が出ます。肌や髪はきちんとケアをするけど、まつげはほったらかしというのでは、まつげはダメージを受けたままの状態になります。まつげのダメージは、美容上でも非常に重要ですが、それは、まつ毛に負担をかけるままに放置しておくと、まつげが抜け落ちたり、折れ曲がることもあります。まつ毛専用の育毛剤、トリートメント剤を有効に使うことにより、まつげのトラブルを防止し、まつげケアができます。抜けたまつげは再生はしますが、元通りになるには時間がかかります。濃く長く、見栄えのするまつげにするには、きちんとまつげのケアを行って、状態のいいまつげを育てる必要があります。育毛剤の効果もあるトリートメントもありますので、まつげ専用の美容液はしっかり吟味するとよいでしょう。まつ毛の育毛と同時並行して、まつげの痛みを修復し健康なまつ毛にしてくれます。マスカラやビューラーを使い続けている女性にとっても、トリートメントでのまつげをケアすることは、ダメージ防止にも、まつげ育毛にもうってつけですね。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。